ホーム 物品販売

物品販売

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は、
10年を目安に、とりカエル!

住宅用火災警報器が設置義務化となった平成18年から10年になります。
ご自宅の住宅用火災警報器が寿命になっていないかご確認ください。

●なぜ義務化となったのか?

住宅火災における死者の数は火災全体における死者数の約8~9割にもおよびます。その原因の大半が逃げ遅れによるものです。
住宅用火災警報器は逃げ遅れを防ぐために義務化されました。すでに導入されているアメリカでは逃げ遅れによる死者数が半減したとのデータも出ています。1日も早い取り付けが皆様の命を守ります。

設置場所は寝室として使われるお部屋全てと階段、市町村によって台所への取り付けも義務化されています。

img2

避難器具・消火器各種

img_product

新築・既存の避難ハッチ調達はお任せください。消防への届出も行います。
各種消火器を取り扱っています。設置はもちろん消防への届出も行います。

お気軽に問合せください。

防災用品

●なぜ義務化となったのか?

事業所・学校・自治会など防災対策が必要な施設・団体のご担当者様へ
まずは定番!災害備蓄品を施設の特徴を考えて揃えましょう。

非常食・防災グッズ・避難生活用品・災害救助用品など何でもお問合せください。当社取扱のメーカーカタログの品番をご連絡いただければお見積いたします。
カタログ請求は電話・FAX・メールにてお名前・会社名(自治会名)・ご住所・お電話番号をお知らせください。

img_1